リサイタルへ その3

December 15, 2017

 

リサイタルまであと9日…!

 

 

みなさまこんにちは!

2017年度レギュラーバンドのコンサートマスターを務めております小田と申します。

担当楽器はアルトサックスとたまにソプラノサックス、ごくたまにフルートです。

他にもサックスセクションのリーダーと、Twitter係を務めております。

 

なんだかすでに情報量が多いですね。文が長いことに定評がありますが、Twitterの140字制限と違ってせっかくブログなので、たくさん書かせていただきます!

 

ちなみに、只今Twitter (@SWJO2) ではリサイタル(以下「定期演奏会」)に向けてカウントダウン中ですので、ぜひご覧ください…!

 

 

 

 

いや~、定期演奏会まで残すところあとわずかとなってきましたね。

何度もやめてしまいたくなりながらも3年間続けた部活ですが、もうすぐ引退と考えると大変感慨深いです…。

 

 

2017年度のレギュラーバンドがどんなバンドだったかとかは来週バンドマスターからあると思うので、今回はコンマスらしく、定期演奏会の曲への思い入れみたいなお話をさせていただきたいと思います。

 

 

 

以下、お暇な方はお付き合いください。

 

 

まず、定期演奏会の構成は

1st stage Regular Band(3年生中心)

2nd stage Junior Band(1.2年生中心)

3rd stage Fgrade Band(4年生中心)

4th stage Regular Band

となっていまして、レギュラーバンドは全10曲の演奏を予定しております。

 

もうほんとに良い曲しかやりません。ビッグバンドジャズの定番から、マイナーかもしれないですが非常にエモーショナルな曲まで、幅広く取り揃えました!

 

 

1曲ずつ紹介していきます!

 

まず、1stステージは、典型的なビッグバンドジャズの雰囲気を持つ(?)曲を集めてみました。Swing縛りになってます

 

 

Ya Gotta Try...Harder! / Sammy Nestico 

圧倒的オープニング曲です!

この曲は自分が好きすぎて、今年の2月に今年のレギュラーバンドが発足したと同時にコンマス権限を行使して選びました(笑)

1年を通してじわじわと合奏を重ねた曲です。

私たちにとって挑戦的な曲でしたが、なんとかがんばりました。お楽しみに!

 

 

Jingle Bells / Glenn Miller 

かの超有名クリスマスソングです。

グレンミラー楽団のアレンジで演奏するのですが、他の曲との繋がりを意識して、グレンミラー特有のあの感じを敢えてあまり出さないようにして、さくさくと進んでくようにつくりました。

トロンボーンが目立ちます。ご注目ください!

 

 

Strollin' / 内堀勝

雰囲気を変えて静かで大人な曲です。

聴く分には簡単そうでも、最初から最後までみんなで同じ動きをするという実はとても難しいことをしています。息を揃えること、常に落ちついた雰囲気を出すことに注力しました。

 

 

Sister Sadie / Buddy Rich 

今年度のレギュラーバンドを代表する曲の1つです。定番アンコール曲として大変お世話になりました。

ビッグバンドならではのスピード感と迫力を意識して演奏します。

アツいテナーソロにもご注目!

 

 

 

4thステージは、1stステージとは対照的に、"イロモノ"を多く選んでみました。私たちの好みが前面(全面?)に出ています。

 

 

Winter Games / Chris Walden

4thステージのオープニングです。テーマは「Wii Sports ~曲名~」です(笑)

嘘です(笑)この曲は1988年カルガリー冬季オリンピックで用いられた曲です。

swingのアレンジになっていますが、原曲の持つ縦ノリ感も出しつつどちらも拾っていくスタイルでやっています!

ソプラノサックスがおいしい曲です。

 

 

Ballad For A Rough Year / Frank Mantooth

フィーチャー曲です。バラードの曲は慣れてなく難しいですが、ノリが上手く出せるようにがんばっています

ソリストは1年生のときからやりたかったこの曲をできて喜ぶとともに鋭意練習中なのでお楽しみに!

個人的にはこの曲が1番練習してますね(笑)

 

 

Children of the Night / Mark Taylor 

今年度のレギュラーバンドには珍しく純粋なJazzの曲です!(笑)

swingの曲ですがこの曲はあまりswingさせるとダサいので、ニュアンスだけでswingさせることを意識しています。

ソロ回しにもご注目ください。

タイトルにはChildrenとありますが、大人な曲です。難しい…。

 

 

El Abrazo / Alan Baylock

今回のリサイタルのメインディッシュとして選んだ曲です。譜面自体は難しくないのですが、音が長くてとても疲れるし、swingとlatinを行き来してリズムのノリが頻繁に変わるのが難しいです。

ただ、とてもエモーショナルでかっこい曲です。ぜひお楽しみください。

ちなみに、タイトルはスペイン語で「抱擁」という意味です。

 

 

When You Wish Upon A Star / 前田憲男

4月頃から約1年引っ張りました。みんなが知ってる曲のかっこいいアレンジは良いですね!

この曲もswingとlatinの切替えが大変でした…。あと、テンポが速くて大変です。ですが、とても良いアレンジです!

今回は、今年推しに推したサックスセクションをフィーチャーしたような構成で組んでみました。

果たして体力は持つのか……!

 

 

どの曲もとても良い曲・良いアレンジなので、演奏していてとても楽しいです!

当日はこの楽しさをみなさまにお伝えできたらなと思います。

 

 

 

 

以上です!

 

大変長くなりましたが、これでもだいぶ端折りました(笑)

 

それだけいろんな思いが詰まった演奏会となっておりますので、ぜひ当日に、生でお聴きいただきたいです!

 

ジュニアバンドもF年バンドもアツい演奏を届けてくれるはずです!

ぜひぜひお楽しみに!

 

 

ではでは、クリスマス当日は横浜市南公会堂にてお会いしましょう~!

 

————————————————————————————

横浜市立大学 Second Wind Jazz Orchestra

第44回 定期演奏会

 

日程:12月25日(月)

開場:16:30

開演:17:00

場所:横浜市南公会堂

アクセス:

市営地下鉄「阪東橋」駅 徒歩 約8分

京浜急行「黄金町」駅 徒歩 約14分

バス停「南区総合庁舎前」徒歩すぐ

バス停「浦舟町」徒歩 約2分・バス停「阪東橋」徒歩 約8分

————————————————————————————

 

 

 

2017

Second Wind Jazz Orchestra

Reg. Concertmaster 小田望

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

リサイタルへ その4

December 24, 2017

1/4
Please reload

最新記事

November 19, 2018

July 1, 2018

Please reload

アーカイブ