新入生必見!セカンドのいろは 前編

April 21, 2018

  桜の季節も終わりをつげ、汗ばむほどの陽気に夏の訪れを感じる今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

 本記事は新入生の皆様に向けて、私なりに当部活の紹介をしてみたものです。

 「セカンドってどんなところ?」「ビッグバンドって何?」という疑問を持っている方は、最後までご覧いただけると幸いです。

 

 本当は仮新歓前に公開したかったのですが、大人の事情により今に至ります。

 23日の月曜日が入部の日ということで、まだ悩んでるよーって人もあまりいないかもしれませんが、お蔵入りするのももったいないので公開します(/・ω・)/

 中の人's DATAを出してしまうと、そもそもこのブログ自体1記事あたり70pvくらいしかないので新入生に届いているのか不安なのですが・・・

 これを読んでいるあなたは世界でたった70人のうちのひとりということです。実に1億分の1です。すごいですね。

 

 ・・・話が逸れましたね。

 

 さて、我々Second Wind Jazz Orchestraは、ビッグバンドという演奏形態で活動している団体です。テーマカラーは、いろいろな意味で雑食(2017年度横横ライブより)でやっております。

 では、ビッグバンドとは何でしょうか?大きい結束バンドとかでしょうか。

 ・・・茶番は要らないって?ごめんなさい。

 言葉で説明するより、動画を見ていただいたほうがわかりやすいでしょう。

  これがビッグバンドです。動画内1分あたりで全体が見えるかと思いますが、Saxophone5、Trombone4、Trumpet4、Piano/Guitar/Bass/Drums各1の合計17人を基本とした演奏形態のことなのですね。

 ちなみに、動画の人たちはCount Basie and his Orchestraといいます。私たちの活動はざっくりいうと彼らの演奏をコピーしたりしなかったりすることなのです。これを覚えておくとこれからのセカンド生活を一歩リードできるかも??

 

 もうちょっと詳しい話をすると、ジャズの演奏形態は少人数の「コンボ」と大人数の「ビッグバンド」に大別され、大学においては前者をメインでやる団体は「ジャズ研」と呼ばれています。残念ながら横市にはありません。

 では、ビッグバンドはコンボとどう違うのか。それは「即興性」にあります。モダンジャズというのを中心にやるコンボは基本的にアドリブで演奏されます。対してビッグバンドはスウィングジャズというのを中心にやっており、「楽譜通りに」演奏することを求められます。

 大人数でBeatを共有して一つの音楽を創り上げる、これが大変なことであり同時に面白いことであるのです。

 

 ビッグバンドについての簡単な説明は以上です。詳しい話は入部してからちょっとずつ学んでいけば良いと思います。音楽を楽しむ心のある人は誰でもenjoyできます。一緒に楽しんでいきましょう!

 

 

 最後に、セカンドの雰囲気を掴んでいただくためにインタビューを行ったので、是非読んでいってください!

 

 

 一人目は今年度Jr.バンドのバンドマスター(部長)の岡部さん。

 

 

ーーまず、入部することにした決め手を教えてください。

 

 

(岡部)仮新歓で食べたお好み焼きが美味しかったからに決まってるだろうが!

 

 

ーーは、はい。いきなりすごい勢いですね。では次に、あなたにとってのセカンドとはどういうところか教えてください。

 

 

(岡部)ただの部活です。が、最高の部活です。

 

 

ーーなるほど。では、去年演奏した曲の中で一番のお気に入りは何ですか?

 

 

(岡部)うーん何にしよう・・・なにやったっけ・・・?決められるわけないだろ!!

 

 

ーーえぇ・・・(困惑)

 

 

(編注:どの曲にも思い入れがあったということだそうです)

 

 

ーー最後に、新入生に一言!

 

 

(岡部)えっとね、ジャズってね、そんなに身近じゃないと思うんだ。でもね、ちょっとでも音楽に興味がある人、「楽器が好きだ!」って人にはぜひセカンドに来てほしいです!設備はそろってるので!僕も初心者から始めたので、初心者大歓迎だお☆

 

 

ーー確認ですが、このインタビューはそのまま文章になるのですが大丈夫ですか?

 

 

(岡部)大丈夫だお☆

 

 

 

 一本目からいきなりクセの強い人が来ましたね。二人目はJr.バンドのコンサートミストレスの佐々木さん。

 

 

ーーまず、入部の決め手を教えてください。

 

 

(佐々木)実は入学式の日にもう入部届もらってたんですよね。運命的な?・・・そう、運命です。

 

 

ーーすごいですね。では、あなたにとってのセカンドとは?

 

 

(佐々木))適度に秩序を守ったパリピ。これに尽きますね。とにかく健全で、飲み会でのイッキ強要などもありません。

 

 

ーー大学生活は忙しくなりがちですが、部活は負担になりませんか?

 

 

(佐々木)部活はね、週二回だから大丈夫やで。

 

 

(編注:唐突な方言はキャラ付けだとのことです)

 

 

ーー去年やった曲の中で一番のお気に入りを教えてください。

 

 

(佐々木)「Night Flight」です。

 

 

ーー最後に、新入生に一言!

 

 

(佐々木)えーっ・・・一言ですか?

 

 

(数秒間の沈黙)

 

 

(佐々木)大学に入り、何かに打ち込みたいと思った貴方!ここに入るのが最適解です。

 

 

 

 今回はJr.バンドを代表する2人へのインタビューでした。これだけでもセカンドが愉快な人たちであることが伝わったかと思います。次回はJr.バンドのパートリーダーへのインタビューを掲載します。パート決めで悩んでいる人は必見です!

 

(続く)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

リサイタルへ その4

December 24, 2017

1/4
Please reload

最新記事

November 19, 2018

July 1, 2018

Please reload

アーカイブ